センター便り

「安全・迅速」な配送をめざして

2017年4月26日 13:22

                      
地図.PNG

 福山供給出張所は、広島県東部の福山市・尾道市・三原市・府中市・世羅町・神石高原町の4市2町の医療機関から、輸血用血液製剤の供給依頼に365日24時間態勢で対応しています。






 県全体の供給量の約25%を行っており、平日で1日平均約100本の輸血用血液製剤をお届けしています。


ルーティーン.PNG



 

  供給車両を運転するにあたり、心と体をリフレッシュさせ、やる気スイッチを「オン!!」にしなければいけません。
平成27年、ラグビー五郎丸選手のルーティーンが有名になりましたが、福山供給出張所の毎朝のルーティーンとしてラジオ体操を行い、今日も輸血用血液製剤を医療機関へ、「安全・迅速」にお届けすることに努めています。


ラジオ体操.PNG ラジオ体操2.PNG


 


 あのお馴染みの音楽が流れると、何処からともなく事務所へ集まり、腕を上にあげて伸びの運動が始まります。
時間にして約3分、一見、軽い運動に見られがちですが、真面目にやると、なかなかキツイ運動になります。



集合写真.PNG   新陳代謝も良くなるので、ダイエットや若返りも期待され(諸説ありますが)、ラジオ体操をすることで全身の凝り固まった筋肉をほぐし、全身の血流を良くします。


  頭もスッキリ!!


  集中力や記憶力もアップ!!
よろしく.PNG

カテゴリー:

学術・品質情報課 品質情報係より、品質保証についてご紹介します

2017年3月17日 13:21

 品質情報係では、献血から製造、供給に至るプロセスにおける各業務で発生する「品質関連情報」を、収集・分析し、品質に関わる業務が間違いなく遵守されていることを第三者的な立場で確認しています。

 では、品質関連情報とは具体的に何を指しているのでしょう?
 その一つに教育訓練があります。決められた手順どおりに作業することは、とても重要です。献血していただく方から採血する際の手順や、血液製剤を医療機関へ供給する際の手順など、事細かに決められています。
 カップ麺の作り方に例えてみましょう。

gaku01.PNG
 ①のように作ると、普通のカップ麺ができあがります。では、②の作り方はどうでしょう。

gaku02.PNG

 作り方の手順が入れ替わっています。これでは、おいしく食べられません。では、③の作り方はどうでしょう。

gaku03.PNG

 順番は変わっていませんが、①の作り方とはお湯の量、待ち時間が異なるので、味が変わってしまいます。これは、血液製剤では品質が変わってしまうことを意味します。
 このように、手順どおり作業をすることは、血液製剤の品質保証につながるため、様々な手順についての教育訓練を定期的に行っています。
 品質情報係では、教育訓練が計画どおり確実に実施されているかを確認しています。

カテゴリー:
記事検索