広島県赤十字血液センター 看護師採用サイト

Japanese Red Cross Society

採血課の紹介

採血課業務内容

バス血液事業の中での採血課の役割は、輸血用血液製剤のもととなる原料血液を採血することです。
その採血にあたり、献血者の安全と採血した血液の品質の確保を図るため、関係法令を遵守し適正に業務を実施することが求められています。

献血者の安全確保とは

原料血液を採血する際に、献血者数に対して約1%の割合で採血に伴う副作用が発生します。日頃から、これらの副作用についての知識と予防策を身につけ、発生時には、早期発見、適切な対応を行なっています。

原料血液の品質確保とは

私達は、「安全な血液製剤」を提供する義務があります。これは、全国どこの採血場所においても、関係法令に基づき定められた採血基準書、採血SOPに規定された詳細な手順を遵守し採血業務を行うことにより保証されます。

これらを実践するために、広島県赤十字血液センター採血課では、以下の理念を掲げ業務を行なっています。

採血課理念

キャリアアップについて

ラダー別教育システム

「赤十字の理念に基づいた専門性の高い看護師を育成する。」という理念のもと、レベルⅠからレベルⅤまでを設定しています。レベルⅠは新人、レベルⅣは採血責任者を対象にしています。事業計画の基本的な考え方の中に「向上心を育む職場風土の醸成を行ない、自己啓発を職場として支援すること」を盛り込んでいます。年3回程度、看護師を対象とした研修会を企画し学習の場を設けています。また、看護協会主催の研修会に、積極的に参加できるよう勤務を考慮するなど職場全体で支援を行なっています。

ラダー別教育システム体系図
新人プリセプターシップ

プリセプター2ヶ月~6ヶ月の研修期間を設けプリセプターがマンツーマンで指導を行い、ひとり立ちできるように手厚く支援します。太い針で穿刺を行うため、腕モデルで何度も穿刺のトレーニングを行います。

学会認定・アフェレーシスナース制度

日本輸血・細胞治療学会主催のアフェレーシスナース資格を取得することにより、成分採血の知識・技術の向上、成分採血の指導者として活躍が期待されます。

学会認定・自己血輸血看護師制度

日本自己血輸血学会主催の自己血輸血看護師資格を取得することにより、医療機関を対象に自己血採血についての知識や技術に関する講演や実地指導の場で活躍できます。

研修会内容
研修会風景
  •  AED講習会
  •  製剤課・検査課実地研修  等

ページの先頭へ